男性風疹予防接種無料化39歳からじゃ遅くない?

こんにちはー

みりんです☆

 

今ネットで見つけたこのニュース

なぜ男性39歳からじゃ遅すぎるのかというと?

新しくパパになる方が特に受ける必要があるからです。

 

 

風疹の予防接種はなんのためにするのか

風疹にならないため

なぜ?

妊婦さんが風疹にかかってしまうと

生まれてくるお子さんに障害が出てしまうことが

多いから

 

綾野剛さん主演でドラマになった

「コウノドリ」でも

第1シーズンでお母さんが妊娠中に風疹にかかり

目が見えない状態で生まれて来た

ピアノ好きな女の子のお話がありました。

 

だから女性はある程度の年齢で

風疹の予防接種を受けることになっています。

 

それでも抗体ができていなくて

かかってしまうことがあるので

妊娠前に抗体を検査し、

予防接種を受けておく必要が

あります。

 

 

私も結婚してすぐに抗体を検査し、

予防接種をしました。

 

 

それでも妊婦さんの身近にいる方が

風疹にかかってしまい

妊婦さんにうつしてしまう可能性もないとは

言えません。

 

だから女性だけでなく男性もです。

 

もし抗体がないまま妊娠がわかっても

妊娠後には予防接種をすることができないため

抗体のない妊婦さんは特に気をつける

必要があります。

 

核家族化が進む今

妊婦さんのそばにいるのは

ほとんどお父さんになる方でしょう。

晩婚化が進み親になる年齢が上がってきて

いるとは言え39〜59歳の男性だけ

無料化していてはさすがに遅すぎます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

九州で旦那様の家族と娘と暮らすアラサーママです。電気自動車に乗っています。実家は中部地方です。