映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観たよー

こんにちはー

みりんです☆

 

今日は市内に仕事に出たので

移動中に

スマホで映画を観ていました☆

 

旦那様の家族と同居で

娘もいると家ではまず

好きなものを観ることができません、、、

 

だから貴重な一人での移動中は

できる範囲で好きなことをします♪(´ε` )

 

車運転中は好きな音楽を聴くか

カラオケアプリでカラオケ☆

 

公共機関で移動中はスマホゲームか漫画か

今はAmazonプライム・ビデオを契約中なので

いろんな映画やアニメが見放題( ´ ▽ ` )

 

でもなかなか時間が取れません。

 

家族と趣味が合うものなら

まだこれからも観られる可能性がありますが

一人で観たいのもありますよねー

 

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

(老人の姿で生まれ、歳を取りながら若返る男。その生涯を壮大に映し出す!)

はその中の一つです♪(´ε` )

 

 

10年前の2008年の公開なのですが

その時はタイミングが合わなくて観に行けず

その後レンタルを借りる機会を幾度か逃し

10年ごしにやっと観ることができました。

 

Amazonプライム・ビデオで色々な洋画をみる☆

 

この10年の間自分の環境の変わり具合に

思いを馳せるとともに

ちょっぴり大人になったからこそ

こういう大人な映画が楽しめるように

なったんだなー

としみじみ思います。

 

あらすじとかはネットに散々載っているので

敢えて書きません。

 

ただ一つ思うのが登場人物それぞれの思いがわかるからこそ

それぞれの選択がそれぞれにとっての

その時の最善だったことがわかるんですよね。

 

あとはお年寄りから少年までブラピの変化の表現が

見た目も演技力もすごいとと思います。

 

今はアンジェリーナ・ジョリーさんとのゴタゴタで

変な先入観で観てしまいがちですが

そんなのは一旦置いておいてブラピの凄さとかっこよさと

人生の哀愁に浸れる映画です。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

九州で旦那様の家族と娘と暮らすアラサーママです。電気自動車に乗っています。実家は中部地方です。