フィンセントEND 魅力 イケメンヴァンパイア

こんにちは🌞
みりんです( ^ω^ )

 

今日フィンセント編で愛するENDを
迎えました…

 

毎日ハラハラしながら
ストーリーチケットの分だけ
少しずつ読んできたのに
終わってしまってかなり
さみしいです。

ゲーム画面より

1周年でリニューアルしています☆

 

いつもはENDを迎えたら次のキャラに
行っていたのですが
これでナポレオンは両方のEND
後の公開キャラも片方だけですが
みんなENDを迎えたことになります。

 

それぞれ魅力があるので、
どのキャラが一番好き?
と聞かれるとかなり困ります。

 

ただフィンセント編は衝撃的でした。
弟のテオとは真逆で感情の起伏が乏しく
「無垢な天使キャラ」と紹介されて
いたのでちょっとつまらなそうだなと
結局最後になってしまった
訳なんですが…

 

やってみたらフィンセント
無自覚なかなりのタラシです。
女たらしと豪語している
アーサーよりもある意味タチが
悪いです。

 

このゲーム、ハマるのは
偉人キャラたちの生い立ちが
しっかり設定されていて
それぞれ多かれ少なかれ
生前の傷を背負って生きています。

 

「好き」という気持ちだけで
その傷ごと愛せるのか
元の世界を捨てられるのか
主人公扮するヒロインは毎回
悩みます。

 

そしてパートナーに
その愛を受け入れる覚悟が
あるのか。

 

ゲームとわかっているのに
毎日ログインしてハマるのは
そういう深さがあるからかな。

 

ゲーム画面より

 

ところでフィンセント編
ヒロインは現代に帰らないという
選択をしたのに
ある人の陰謀によって
帰されてしまいます。

 

そういう展開は初めてでびっくり
しました。
レオナルドの時に俺も扉を抜けると
言ってくれてかなりうれしかったのですが…
まさか帰されてしまうとは。

 

残されたフィンセントの
行動がすごいんです。

 

純粋で無垢で人を疑うことを
知らないはずなのに
圧倒的な魅力を放ち人を惹きつける。

 

他の偉人キャラもそうですが
歴史に名を残す人というのは
どうしてこんなにも魅力的なのでしょう。

 

いや魅力的だからこそ
後世に名が残るのでしょう。

 

史実は新資料が発見されない限り
変えられません。
でもそこからの解釈はいろいろで
偉人といえどもいろいろな苦労をして
過去を背負ってそれでも
激動の時代を必死に生きた人間なんだと

 

乙女ゲームだけど
彼らが身近に感じられて
うれしい歴女の私でした。

 

そうだやっぱりもう一度フィンセントに
しようかな。

ABOUTこの記事をかいた人

九州で旦那様の家族と娘と暮らすアラサーママです。電気自動車に乗っています。実家は中部地方です。